×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

インフルエンザb型潜伏期間や初期症状

インフルエンザは冬になると子供をもつ親にとっては怖い病気です。インフルエンザb型やa型は良く聞くと思います。
初期症状は風邪に似ているようですがインフルエンザb型はただの風邪と違って甘く見てると大変なことになる病気です。
特に乳幼児では症状が重くなったりするので予めインフルエンザワクチンを接種するなど予防をしたいですね。
潜伏期間は一日から五日で平均は二日から三日だそうです。毎年の流行は年末から春先の3月上旬まで冬は毎年流行ります。
インフルエンザb型は通常の風邪に比べると潜伏期間が短く全身にでる発熱などの症状が強いのが特徴です。
かかるととても辛くお年寄りや子供には合併症が心配されます。他人へ感染する期間は年齢や体力などによるので
一概には言えませんが成人で症状が出る1日前から感染し3日から7日の間に発熱や鼻水、せきなどの症状が出て人にうつります。
子供は大人より長い期間に他の人にうつす傾向にあるそうなので学校への登校は必ず医師の許可がおりてからにしましょう。
初期症状は38度以上の高熱が突然でて悪寒や頭痛、筋肉病、全身倦怠感がおきます。鼻みず、くしゃみ、のどの痛み、
せきなども少し遅れて発症するそうです。

予防接種などの予防方法

インフルエンザb型などのインフルエンザの予防方法はまず予防接種が挙げられます。ただしインフルエンザウィルスの
予防注射をしたからといって絶対にかからないというわけではありません。大人より子供の方が発病しない確立は
低いようですがインフルエンザb型やa型にかかりにくくしたり感染しても症状を軽くおさえることができますので
予防接種にも意味はあります。特に小さい子供は症状が重くなると肺炎などの合併症を発症されるのも怖いです。
予防接種の受ける時期はインフルエンザb型などが流行る前の11月頃から受けるといいです。接種費用は病院によって
違いますが自己負担でだいたい3千円から5千円位です。予防接種をできない人は卵のアレルギーがある人なので医師
と相談してください。日常生活で感染を予防するには、冬場のインフルエンザ流行期には人ごみを避ける買い物や
満員電車などではウィルスを通さないマスクをつけるようにしましょう。
帰宅後は必ずうがい手洗いをしっかりすることが大事です。顔にもインフルエンザウィルスが付いている可能性があるので
洗顔もしましょう。人へのうつす期間は感染して3日から7日の間に症状が出た後に人へ感染します。

治療方法と感染する期間

インフルエンザの予防のためにドラッグストアでも耳が痛くなりにくいマスクやウィルスを99%通さないマスクなど
種類が豊富に販売されています。洗顔や手洗いお茶でのうがいの他に自宅の部屋の乾燥を防ぐことも大切です。
インフルエンザb型などのウィルスは乾燥していると活発に活動するので部屋の湿度を加湿器や濡れタオルを干す
などして上げましょう。部屋の換気も定期的にしてください。
インフルエンザの治療方法は体力がある大人は風邪のひどい症状くらいで暖かくして休んでいれば治りますが
症状が出たら早期にお医者さんに診察してもらってください。特に乳幼児や年配の方は早めに診察を受けてください。
一般的に治療方法は安静にして水分をとって栄養の付く消化の良いものを食べることです。
発熱や頭痛、関節痛、などに解熱鎮痛剤などを処方されることがありますが症状自体は体がインフルエンザウィルスを
やっつけている反応なので薬で無理に症状を抑えるのも一概に良いとも言えないそうです。医師と相談してくださいね。
タミフルが処方される事もあります。人に感染する期間は症状が出る一日前から感染してから7日までとちょっと期間が長いです。

Copyright © 2008 インフルエンザb型の症状と潜伏期間